★ゆうの初舞台


こんにちは、ぺんきちです。


昨日は、生徒のピアノコンサート。
そして、ゆうの初舞台でした。

緊張ぎみのゆう。
ゆうp
ちょっとつっかえちゃったね~。
藤原先生にピアノ習い始めて6ヶ月で初舞台。
ちゃんと音の語尾処理は聴いて出来てたから、
よし!とするか。


パパと連弾も弾いたゆう。(写真ありません・・)
すると、Yちゃんのパパ(私の幼なじみ)、
「今度の発表会は娘と連弾したいな~」だって。
パパのやる気、引き出しちゃいましたね。


講師演奏でイタリアンヴァージナルを弾く私。
ママc
譜面で顔が全然見えない
鎌倉から駆けつけたばあちゃんとパパから、
ダメだしがありました。


しばらくは、演奏の仕事は入ってないから、
自分磨きに入りますかっ

テーマ : ある日のできごと
ジャンル : 育児

非公開コメント

No title

なんか、ゆうくんの緊張が伝わってきますね~!
パパとの共演も、ぺんきちさんにとっては、うれしいのとドキドキした気持ちとあったんじゃないですか?^^

「自分磨き」。大事ですよね~
この間、学生時代の友達と会ったんですが、
彼女たちともそんな話してました。

私も、「夢」に向かって突き進むぞ~!

No title

チョコラテさんへ

我が子の演奏を発表会で聴く時、
ドキドキするのかと思ったら、しなかった。

我が子として聴けず、生徒の一人として冷静に分析してました。
間違ってもちゃんと対処できたな・・よし!とか
う~ん、指の形を整えず弾いたからリズム崩れたな・・とか。
パパ、これっ!音外したな!とか。

客席から我が子にパワーを送る母になってみたいです。

No title

お疲れ様でした~~~。
ゆうの姿を見て、自分が始めて発表会(エレクトーン)に舞台に立ったときの気持ちがよみがえってきました。

あれは小学生3~4年せいだったでしょうか?
舞台のすそから、前の演奏者が終わるのをどきどきしながら眺め、

いざ、舞台に出ていすに座ると先生が横に来ていすの調節と楽譜の確認(だったかな?)のために
手を伸ばした拍子に、私の目のなかをかすり、目が痛くて痛くて「よりによってこんなときに!」と先生を恨みながら仕方なく、痛くて涙が出てくるのをこらえるために細目をしながら演奏をした覚えがあります。

そしてコンサートの終了の時一人ひとりの演奏者にハイビスカスの小さな鉢植えをプレゼントされ、「こんなトロピカルな鉢植え、見たことない!」と子供ながらその後も大切に花の世話をした思い出があります。

ゆうもきっと大きくなったら初舞台の思い出を振り返る時が来ると思うよ。

そして、無事にコンサートが終了してお疲れ様でした。

No title

macoさん

macoさんの初舞台のお母さんが作った黄色いドレス、
今でもはっきり覚えてるよ。
裏地で作ったみごとなドレスでしたね~。

私の初舞台は、ピンクのワンピースだったな。
もちろんお母さんの手づくり。

かわいいドレス着て弾くって楽しみだよね。

ちなみに、ゆうの初舞台の緑のストライプシャツ、
母が作りました。
孫のまで作ってもらって、すみません・・・
プロフィール

ぺんきち

Author:ぺんきち
H18年8月生まれの「ゆう」とH20年5月生まれの「のん」のママ。不妊治療の末、高齢出産でふたりを産む。子育てに奮闘する中、チェンバロ奏者として、演奏活動を続けています。ペンギン大好き。気ままにパン作りもしてます。

ブログランキング
子育てブログがたくさん!ペンギンハウスはいま何位?!
ペンギンカウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム